米国の製鉄・鉄鉱石会社、クリーブランド・クリフスが先月30日に発表した業績見通しによると、21年12月期の調整後EBITDAは約35億ドルと、前年比10倍の大幅増益になりそうだ。 クリフスは昨年3月にAKスチールを、12月にアルセロール・ミッタルUSAを買収し製鉄事業を劇的に拡大させた。ここに鉄鉱石や鋼材価格の上昇が加わり、追い風を大きく享...