大阪地区の鉄スクラップ市況は足元、弱含み横ばいで推移している。 湾岸価格は500円程度値上がりしたが地区メーカーの購入価格はここしばらく目立った動きはない。当面、市況の乱高下はないだろう。 発生量は若干落ちている。工場発生は新型コロナウイルスの影響もあり、依然として芳しくない状況が続いている。市中解体スクラップは大阪市内を中心に落ち着いてい...