古河電工は11日、農作物への獣害対策に資する実証実験に参画し、野生動物の検出データを独立電源型無線中継器で送信することに成功したと発表した。生息地から離れた場所からの野生動物の動向把握が可能になる。省電力広域エリア無線通信技術を活用する同市の実証実験の一環。 同市山田地区で行われているのは「独立電源型LED街灯を活用した野生動物検出システム...