釧路・根室などの道東地区は、メーカー値上げにリードされて各品種とも強含みの展開。 降雪量が少なく継続工事向けを中心に、足元の荷動きは一定量を維持。しかし、新規物件は不透明感が強く、ファブや流通への見積もり依頼は低調。一方で、メーカー値上げの転嫁へ向けた流通の高唱えが継続されており、札幌圏や十勝地区の動向を見守りながらも強含みの展開が続く。一...