異形棒鋼は足元は採算が悪化している直送(SD295ベース)=7万7千~8千円、在庫(同)=7万8千~9千円と強横ばい調となっている。足元、母材鉄スクラップ相場は再び強含みへと転じており、メーカーの強気な姿勢に変化はない。 流通筋による累積分の価格転嫁で、年初来では地区異形棒相場は上昇している。相場が上がってきている一方で、需要は低調域を脱し...