H形鋼など条鋼建材製品は強含み横ばい。流通の仕入れ値高転嫁の姿勢は変わらないが、鉄スクラップの軟化や中小物件の実需が伸びを欠くため、上値が重くなってきている。 これに対し薄中板は強基調が継続。メーカーロールが依然タイト。市中在庫も減少傾向でナイモノ高の様相が続いている。 カラー鋼板は、メーカーが相次いで値上げを発表し先高観が強まっている。値...