静岡市や焼津、藤枝といった静岡県中央エリアの一般鋼材類の荷動きは、コロナ禍による末端実需不振によって「年明けから足元にかけて通常の2割前後の落ち込みが続いている」(静岡市内の鋼板加工販売業)とのこと。 ただ、品種によって濃淡があるもようで「薄板類は品薄が著しく、引き合いは旺盛ながら現物が無いので売りたくても売るモノがない」(同)状況だ。メー...