関西地区の普通線材製品は強含み、亜鉛めっき鋼板類は強含み横ばいで推移しよう。 中国材の高値や、鉄スクラップ価格の高騰を受け、線材メーカーは値上げをアナウンスしている。扱い筋は「足元では様子見だが、2月ごろから具体的にユーザーへの新価格の提示を考えている企業も多い」と話す。建築関連の引き合いは依然として活気薄で、実需の回復は緩慢。亜鉛めっき鋼...