銅・黄銅屑は強含み横ばいで推移しよう。  足元の電気銅建値は理論値上、1万円の上げ余地が生じている。一方で海外銅相場は方向感に乏しく、指標となるLME銅先物価格は8千ドル近辺でもみ合い。「建値が1万円上下しても市中の荷動きに変化はないだろう」(問屋筋)との声も聞かれる。 需給はやや緩みがあるとされるものの、品種によっては均衡に近いものもある...