鉄鋼、非鉄金属、造船重機などの労働組合で組織する基幹労連(委員長・神田健一氏)は、2022年の参議院選挙で、組織内候補の擁立を断念する。前回の19年参院選に続き擁立を見送る。支援候補に関しては、ものづくり産業労働組合(JAM)との連携などを含め今後検討する。 10日にウェブ形式で開く定期大会で方針を提起する。4日、都内で記者会見した神田委員...