フランスの小説家アルベール・カミュの代表作『ペスト』が再び脚光を浴びている。伝染病のペストが襲ったアルジェリア・オランを舞台に、都市封鎖や恐慌などの苦境の中で人々が苦闘する様子を描いているが、本来はナチス占領下にあった欧州での事象を暗喩したといわれる。新型コロナウイルスが感染拡大する現状を、作品と重ね合わせてみる人が多いのだろう。ペストには...