メーカーは高炉を中心に価格重視の姿勢を崩していないが、先行きの需要が不透明で、店売り相場は弱含みに推移している。 市中からは「前期に大幅な赤字を計上した高炉は、価格維持の姿勢を変えないだろう。しかし電炉は、原料の鉄スクラップが下がっているだけに、何らかの価格対応をするのではないか」(扱い筋)との声が聞かれる。 新型コロナウイルスの影響で、国...