アルミ合金屑は軟調推移が続こう。 アルミ新地金相場が続落している。市中相場は、新切アルミ1級=10万1千~10万6千円どころ。 3月初めは1600ドル強で推移していたが、足元は1400ドル前半にまで急落。新型肺炎禍で相場が急反発することは考えにくい。合金筋によると輸入塊価格の軟化に歯止めがかかっていない。アルミ二次合金メーカーは今月前半の原...