全国コイルセンター工業組合がまとめた2月の流通調査によると、出荷量は前月比0・6%減(前年同月比9・6%減)の127万2331トンとなった。3カ月連続で130万トンを割り込み、出荷量水準としては低調が続いている。 薄板内需全般が総じて不振なことに加え、新型肺炎拡大による世界的な経済活動の停滞も影響したと思われる。前年同月比では7カ月連続の減...