日新シャーリング(社長・茂田勝昭氏)の茨城工場(茨城県笠間市安居3042―7)は、建築鉄骨向け厚板溶断加工の中核拠点。1989年(平成元)に操業開始して以降、首都圏の再開発案件や超高層物件など大規模建築構造物向けを主体に、切板製品の加工・販売を手掛けている。