鉄スクラップは様子見の展開。市中相場は特級(H2)=7千~8千円。 港湾筋によると足元の韓国向け輸出価格はH2・FOB=2万1千円と軟化。同国では鋼材内需が回復しておらず、電炉の多くは原料消費が停滞。依然炉前在庫を潤沢に抱えているもようで、受け入れ原料は限られる。東南アジア筋の購買意欲もさえない。輸出価格は弱横ばいだが、地区実勢を上回ってお...