中国地区一般鋼材市況はジリ安傾向。新型コロナの影響も徐々に見受けられる。 東京製鉄が4月契約販価を前月比5千~9千円の全面引き下げと発表し、その値下げ幅に大方の流通業者は想定内としつつも、先行きの不透明感が強まる状況下、底入れとは至らないとの声が多勢。一定の指標となる東鉄価格の引き下げでユーザーからの指し値が厳しさを増すとし、相場は軟化傾向...