店売りマーケットにおける末端実需の不振と在庫調整の遅れによって鋼板類の需給バランスはギャップ状況にある。この現象を〝余りモノに値段なし〟状態とする声もあり、実際、首都圏の激戦区では、局地的に「相場レベルをはるかに下回る〝ゲリラ価格〟も散見される」とのこと。ロールにタイト感を欠くためか、メーカーの売り腰も「弱い」とのこと。個別対応と称した安値...