銅管は弱基調。市中相場は50×5ミリ=975円。 新型肺炎は収束の見通しが立っていない。先行き不透明感が根強く、先物市場も軟化。約1カ月前まで5800ドル台で推移していたLME銅相場は、足元5200ドルにまで急落。17日には銅建値が2万円引き下げられて60万円となった。為替相場は円高傾向で推移しており、さらに銅価は下押しする可能性がある。 ...