カラー鋼板は、メーカー値上げに対する流通の仕入れ値高転嫁がおおむね進んだことから一段高となり、小コイルは32万円へと上昇した。しかし、景況悪化や新型コロナウイルスの影響から2月以降、需要の減速感が強まっている。 非住宅向けでは工場・倉庫などのS造物件が大きく落ち込んでおり、予定していた受注物件の中止も散見。住宅向けでも中国から輸入する一部の...