不二サッシは子会社の不適切会計に関する調査報告書を受領したと発表した。報告書によると関西不二サッシで固定資産で計上するべき支出を費用計上していたほか、月末棚卸資産が過少計上されるなどの事例もあった。 2014年度からの6年間で売上原価が約4億円分を実態より高く報告されており、月次売上平準化による親会社からの評価の調整や、親会社の介入排除など...