一般形鋼類は弱横ばい調で推移する。等辺山形鋼6×50=9万1千~2千円、溝形鋼5×50×100=9万3千~4千円どころ中心の値動き。 市況はメーカー販価は据え置きながら、鉄スクラップ価格動向や実勢需給を受け軟化も。店売り定尺に寄せる引き合いは冬季要因に加え、地場建築案件の薄さから低調に推移している。来期物件の見積もり依頼も足元少ないとの印象...