次世代交通システムの社会実装に向けた取り組みが最終段階を迎えた―愛知製鋼(社長・藤岡高広氏)の独自製品「MIセンサ(高感度磁気センサー)」を使った磁気マーカシステムがプロジェクトの中心を担う、「モビリティ変革コンソーシアム」による自動運転の技術実証実験が、実用化への道を着実に歩み続けている。これまで全国各地で重ねてきた実験が今回、より実運用に...