平鋼は、活気薄の荷動き。6×50=8万8千~9千円を弱もち合い。 メーカーは原料の鉄スクラップ価格が下がっても価格優先の姿勢を変えていないが、一般形鋼などの僚品市況に引っ張られ、相場の基調は弱い。市中からは「原料市況の下げは一服だが、先行きは不透明。需要面でも悪い材料はあっても良い材料に乏しく、弱気の相場展開が続きそうだ」(扱い筋)との声が...