SC材(機械構造用炭素鋼)の店売りの荷動きは北関東でも振るわない。建機、工作機械、産業機械など店売り市場への影響が大きい需要が全般的に振るわず、仲間商いは当用買いに終始しており、市中のムードは活気を欠いている。建築設備関連は比較的堅調だが、「3月に入っているが、年度末に向けた荷動きの活発化も期待しにくい」(扱い筋)との声が多い。 4月以降の...