一般形鋼類は様子見ながら上値が重い。等辺山形鋼6×50=9万1千~2千円、溝形鋼5×50×100=9万3千~4千円どころ中心。 東京製鉄が3月契約鋼材販価を据え置いたことで地区市況は一応の下支え材料を得た。扱い筋からは足元の鉄スクラップ価格の下落や実勢需給を踏まえると「どこかのタイミングで販価下落も視野に入れなければならない」との声も聞かれ...