名古屋地区の普通鋼鋼材市況は閉塞感が強まり、先行きが見通しにくくなってきた。品種によっては大手筋などでも下値をうかがう動きにある。需要停滞から値を下げても販売量が増える状況とはいえないが、先安観が全般的に台頭してジリ安場面にある雰囲気。 厚板関連も下値をうかがう状況。市中在庫は調整局面で過剰感は少ないが、入荷も円滑なために当用買いが一般化し...