日本溶融亜鉛鍍金協会(理事長・横山丈夫大和ガルバー社長)は会員企業を対象に景況評価に関するアンケートを実施、このほど調査結果をまとめた。 有効回答数は27社に上り、晴れ・薄曇り・曇り・本曇り・雨・暴風雨・その他の計7つの評価基準を設定。2019年度の上期については、薄曇りが半数近い13社(48%)を占め、曇り(7社)と晴れ(4社)が続いたの...