平鋼と角鋼の関東市況がほぼ1年ぶりに反発し、2千円高となった。原料高騰を背景とした電炉メーカーの強い売り腰を受け、複数の専業流通大手が10月下旬から唱えてきた新値が一部浸透した。足元の実需は依然として精彩を欠くが、直近の鉄スクラップ急伸により先高観が台頭。流通はさらなる値上げを視野に、仕入れ値上昇分の価格転嫁を図る構えだ。 東京地区の市場価...