ニッケル系ステンレス冷延薄板市況は横ばい基調で推移している。流通大手は、メーカーの店売り値上げを受け、顧客への転嫁を図っているが、この交渉は難航している。昨年10月以降すでに2万円高が浸透し、さらなる値上げに対する客先の抵抗感が強いことに加えて、主原料のニッケル価格の影響でメーカーの店売り契約価格が下げに転じたこともあり、さらなる値上げ転嫁...