マグネシウムおよびアルミダイカスト製品製造のSTG(本社・大阪府八尾市、社長・佐藤輝明氏)は、京都大学発ベンチャーのRUTILEA(ルティリア、本社・京都市北区、社長・矢野貴文氏)とAIを活用したダイカスト製品自動検査装置開発で協業していると発表した。今後、ダイカスト製品検査でのAI活用を推進していく。