昨年の出来事で一番心に残っていることは、釜石駅前の石碑に刻まれている釜石小学校の校歌だ。作家の井上ひさしさんが作詞した「いきいき生きる」で始まる校歌は、校名や〝育む〟〝清き〟とか地域の特徴の詞はなく、生きるという事を普遍的に力強く唱っている。私はこの歌詞にいたく感動した。自分に言い聞かせたり、子供に話をしたりして欲しい。 今年の春で2年目に...