全国コイルセンター工業組合がまとめた2019年11月の流通調査によると、出荷量は前月比2・4%減(前年同月比8・4%減)の135万8179トンとなり、3カ月ぶりに前月実績を下回った。 実働日数に変化はなかったが、薄中板を取り巻く需要環境は主力の自動車をはじめ建材、建機・産機、工作機械など精彩を欠いた状況が続いており、11月の単月実績としては...