首都圏の店売りマーケットにおける薄中板の需給バランスは、年が明けても依然として緩和状態が続いている。実需そのものがさえず出荷が伸びないことに加え「メーカーデリバリーが早く、手持ち在庫が漸増一途にある」(首都圏の有力扱い筋)ことが背景にある。商社や販売店の多くが市況のさらなる下落を危惧する一方「うちは値下げしない」と語気を強めるコイルセンター...