伊藤製鉄所と東京鉄鋼の東北地区における小棒共販会社である東北デーバー・スチールは、きょう13日以降の異形棒鋼販売価格について、トン8万円を目指す方針だ。 主原料である鉄スクラップ価格の急騰が続いているほか、中国の鉄スクラップ輸入再開によって、鉄スクラップ価格が当面高値で推移すると予想される上、その他の諸資材についても価格上昇が懸念されること...