新報国製鉄の19年1~3月期単独決算は売上高16億900万円で前年同期比3・6%増、経常利益2億3900万円で同18・0%増、純利益1億6500万円で同13・2%増。 半導体関連の設備投資が調整局面に入ったが、半導体・FPD製造装置関連の低熱膨張合金が堅調で、シームレスパイプ用工具も増加。とくにFPD関連が前回予想を大きく上回るため、通期予...