ブラジルの資源大手ヴァーレは現地8日、1~3月の生産概況を発表した。鉄鉱石の生産量は7287万トンにとどまり、18年10~12月に比べ約28%減少した。南部地区の鉄鉱山で1月に発生したダム決壊事故に加え、大雨による操業低下が影響した。 鉄鉱石ペレットの生産量も同23%減の1217万トンと減少。南部地区のペレットプラントを中心に生産が大きく落...