大阪鉄鋼流通協会(OSA)パイプ部会は、16日に例会を開催し、足元の市況動向をまとめた。 ユーザー向けの動きは堅調だが、店売りの動きに活気がなく、相場はおおむね横ばいに推移している。 品種別では、角形鋼管は、自動倉庫や鋼製パレットなど物流機器向けの加工は繁忙状態が続いているが、定尺の動きがいまひとつさえない。そのため運送費や人件費などのコス...