中部地区有力鋼材流通の杉原商店(名古屋市、社長・杉原幸治氏)は、8月に新鋭バンドソーを1基増設する。切断能力の増強で小径、多品種、小ロット品への納期対応力に磨きをかけ、定尺品販売と合わせ鋼材取扱高のアップを狙う。生産性向上に伴い、加工時間の短縮など働き方改革への対応も進める。 同社は1950年創業。産業機械、工作機械関連ユーザーのほか、仲間...