北海道地区は大型連休を控えて荷動き、市況面ともに大きな変化はないと予想され、亜鉛めっき鋼板類、普通線材製品ともに現行値圏でこう着化場面となりそうだ。 雪解けが早かったことで春の立ち上がりがスムーズだった。これに伴い継続物件の施工は進んでいるが、新規物件に関しては引き合い、荷動きの端境期を迎え、市場は全般的に落ち着いた展開だ。特に今春は両品種...