関西地区薄中板定尺市場は、こう着状態が続いている。メーカーは販価を維持しており、コイルセンターなど流通にとって仕入れ値が高止まりしている。そのため、相場は下げ余地がない状況だが、メーカーの納期遅れが解消され、出荷が順調であることに加え、昨年末契約分の安値中国材の入着により、一部で在庫過剰感が強まりつつある。