全国18リットル缶工業組合連合会(理事長・馬場敬太郎日本製罐社長)が18リットル缶についてまとめた3月の出荷量は、前年同月比2・5%減の1217万4千缶だった。需要の部門別で油糧を除く分野で前年同月を割り込む動きが相次ぐ中、昨年12月以来3カ月ぶりのマイナスとなった。 東西の工業組合別に見たところ、東部が2・0%減の488万6千缶、西部が2...