新潟地区の条鋼製品は強含み横ばいを保っている。現状、新潟地区では弱気材料は見当たらないものの、大都市圏等、今後の動向が注視される環境だ。特約店筋からは東鉄の販売価格据え置きで安堵する声もあるが、直近で鉄スクラップ市況が軟化していることがやや気になる所。 高力ボルトの入手難やコラムの納期長期化が課題で、加えて当地区は目立った建築物件に恵まれず...