ドイツの鉄鋼大手、ザルツギッターが発表した2018年12月期決算は、純利益が前期比43・4%増の2億7770万ユーロ(約350億円)となり、リーマン・ショック後の09年以降では最高だった。 税引前利益(EBT)は45・9%増の3億4730万ユーロ。部門別では薄板事業が13・1%増の2億580万ユーロ、厚板・形鋼事業が2480万ユーロ(前期は...