関東地区の亜鉛めっき鋼板類は新年度も年度末から引き続き様子見横ばいでスタートとなろう。 非住宅物件向けでは物流倉庫などの大型案件が今年も複数計画されており、カラー厚番手の引き合いは堅調な推移が続くものとみられる。しかし店売りのメインである住宅向けカラー薄番手は、新築戸建て、集合住宅ともに動意に乏しい展開。扱い筋は「今秋の消費税増税に向けて、...