北海道地区はまだ新規需要が活発化していないことから亜鉛めっき鋼板類、普通線材製品ともに現行値圏の展開が続きそう。 今冬は降雪量が少なく雪解けも早かったことで、昨年からの持ち越し工事は順調に消化。一般住宅を含めて新規物件にも動きが出始め、春の立ち上がりはスムーズな展開が予想される。この数年続いたメーカー値上げも、今のところアナウンスがなく、あ...