ステンレス鋼線のトップメーカー、日本精線(本社・大阪市中央区、社長・新貝元氏)は、4月契約分についてニッケル系ステンレス鋼線(基本鋼種SUS304)を据え置き、クロム系ステンレス鋼線(同SUS430)をトン5千円値下げする。前回の価格改定(1月契約分)では、ニッケル系をトン2万円、クロム系ステンレス鋼線を同5千円値下げしている。 今回の価格...