群馬県から栃木県にまたがる両毛地区の条鋼建材製品は、年度末を迎えたが駆け込み需要などの目立った動きは限られている。 以前は品薄感があったコラムやH形鋼でも、大型サイズなどを除けば在庫水準は平常時に戻っている。原料市況が急騰したことでメーカーの売り腰は強いものの「需要家は新年度までは様子見状態。高唱えにまで踏み出せる環境にない」(流通幹部)と...