異形棒鋼はこう着した相場展開。直送ベース=6万8千円を中心にもち合い商状。 2月中旬以降の鉄スクラップ市況の反発を受け、安値が解消している。「原料市況が軟化前の水準に近づいているのに加え、電極などの副資材や運賃のコストアップでメーカーはかなり強気。ゼネコンの指し値は厳しいが、安易に先物の明細を受注できない」とする商社、流通が多い。 メーカー...