東京地区の溶接鋼管類は高炉品、専業品ともメーカー値上げ転嫁の動きが続いているが上伸ムードは乏しい。各品種とも現行値圏内を維持したまま新年度を迎えることになりそうだ。値上げ転嫁の進展状況は、扱い筋や品種によっても若干差が生じている。安値は払しょくされて値崩れしている品種こそないが、年度末を迎えても思ったほど販売状況は盛り上がっていない。扱い筋...